お口の中は細菌が多く存在するということはみなさんご存知かとおもいます。
もちろん悪さをしない常在菌もいれば、歯周病などの原因となる菌、虫歯や口臭の原因になる菌がいます。
このような歯周病菌や虫歯菌を除菌する治療のことを3DSといいます。

ではいったい3DSとはどのようなものなのでしょうか

3DSとは「Dental Drug Delivery System」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略です。
日本語にすると、「歯に薬剤を直接届けるシステム」という意味になります。

3DSは3DS除菌療法とも呼ばれます

今までご自身で行うブラッシングや歯科医院で行う歯のクリーニングでは歯周病菌や虫歯菌を完全に除去することはできません。
しかし、3DSはブラッシング後やクリーニングでは取りきれなかった細菌を減らしたり除菌することができます。

歯磨き

3DSはどのようにして行うの?

3DSでは専用のマウスピースを作成し、その中に歯周病や虫歯菌の除菌の薬剤を入れて歯に装着することで歯茎に薬を浸透させ除菌を行います。
マウスピースを装着することで薬剤が唾液によって流される心配がなく、しっかり薬剤を浸透させることができます。

では歯周病の原因菌にはどのようなものがあるのでしょうか?

先ほどもお話ししたように、お口の中には多くの菌が存在しています。その中でもポルフィロモナス・ジンジバリス、トレポネーマデンティコーラ、タンネレラフォーサイセンシスは歯周病のRed Complex(3大歯周病菌)と呼ばれています。ではそれらを細かく見ていきましょう。

慢性歯周炎の原因菌P.g菌

P.g菌(ポルフィロモナス・ジンジバリス)は、歯茎の炎症と関係があり、血液とくっつくことで黒くなります(黒色色素産生性)。また、強い悪臭を放つという特徴があり、慢性歯周炎の原因菌となります。動脈硬化や糖尿病、早産にも関係があるといわれています。
また、歯肉組織などへの吸着力が強いため、歯周組織の破壊や歯の土台となる歯槽骨を吸収し溶かしていきます。

比較的除菌しやすいT.d菌

T.d菌(トレポネーマデンティコーラ)は、らせん状の形をした運動性のある細菌です。
顕微鏡の検査などで見たことがある人も多いのではないでしょうか?
T.d菌は歯周病の病巣がある部分からは高確率で確認されます。、免疫応答を制御し、タンパク分解酵素により歯周組織を破壊します。
しかし、比較的除菌しやすい菌といわれています。

P.gと共存することで歯周炎を悪化させるT.f菌

T.f菌(タンネレラフォーサイセンシス)は通常の歯周病治療ではなかなか治らない難治性歯周病の指標とされており、比較的除菌しにくい菌です。P.gと共存することで歯周炎を悪化させます。歯周病が悪化している部分などに存在し、P.g菌と同様に歯周組織を破壊します。

気になる方は歯科医院へ相談を!

お口の中の健康を守るためにも、歯周病などで悩まされている方は特に3DS除菌療法を行うことで、お口の中を清潔な状態にしてみてはいかがでしょうか。