口腔外バキューム

歯科医院では、補綴物(詰め物や被せ物)や義歯(入れ歯)を調整する時、チェアサイドで人工歯を削る場合があります。

人工歯を削ると、金属片、血液、細菌などを含んだ削りカスが粉塵となって空気中に飛び散ります。

これらの治療中に出る有害な浮遊粉塵を吸引し、患者さん、スタッフの健康を守ると同時に、診療室内をクリーンに保ってくれます。