歯周病治療、ランパ、矯正、審美的修復、ダイレクトボンディング、ミラクルデンチャー、ナイトデンチャー、治療後のメンテナンスなら大阪市天王寺区上本町の森浦歯科医院

P.M.T.C 歯石除去とメンテナンス

  • HOME »
  • P.M.T.C 歯石除去とメンテナンス

どうして磨いているのに歯が悪くなるのか?

歯が悪くなるのは歯磨きが下手なだけなのか?

本当に歯磨きをしていると虫歯の予防になるのか?

メンテナンスを受けるとどういうメリットがあるのか?
下の表は私にとって大変衝撃的な内容でした。
症状のある時だけは医者に行っている人の80歳代の残存歯数が少ないのは当たり前ですね。指導と定期的なクリーニングを受けたグループの残存歯数が多いのも納得です。でも歯磨き指導を受けたグループの残存歯数が想像よりずっと少ない!痛い時だけに歯医者に行っている人とそんなに変わらないのです!
定期的クリーニングの効果
どうして、ほとんどの人が歯磨きをしているのに歯が悪くなるのか?
歯磨き指導までうけているのに!
それは、自分で歯磨きした時には、歯垢が常に除去されている場所と常に歯垢が残っている場所の二つが出来るからでした。
残った場所にある古い歯垢は約3ヶ月で強い毒性を持つ(リポポリサッカライド等の作用)
虫歯、歯周病になる。
これが2-4年間隔で治療を受け続ける原因になります。
まさに歯磨き神話の崩壊です。
歯磨きだけで発病しない確率はなんと5%以下だったのです。

セルフケアとPMTC

セルフケア(自宅での歯磨き)に歯科医院でのプロフェッショナルケアを加えると
磨けない部分の古くて毒性の強い歯垢がなくなる。
歯と歯ぐきの老化、劣化がなくなる。
統計的には虫歯の確率が1/12になる。
歯原性菌血症による病気(口の中のばい菌由来と言われている病気)の予防になる
しかし、プロフェッショナルケアは歯ぐきの内部、不潔閾の古い歯垢の除去には有利ですが、クリーニングの実施総時間は家での歯磨き(セルフケア)に遠く及びません。
セルフケアにプロフェッショナルケアをタイミングよく投入する事が人生を変えるくらいの大きな効果を生み出します。
森浦歯科での定期検診は、定期予防処置です。
必ずしも早期発見早期治療を本来の目的としていません。
定期予防処置により、虫歯・歯周病のリスクを下げる事、健康の維持が大きな目的となります。

森浦歯科では歯周病治療終了後は約3ヶ月毎にクリーニングと歯周病細菌のチェックを行っています。(任意)

10年以上メンテナンスを行っていますが、メンテナンスに通っておられる患者さんの虫歯、歯周病の再発その他のトラブルの発生率は、気の向いた時のみに来られる患者さんと比べて圧倒的に低いとはっきりと実感出来ています。

将来の歯の残り方、ひいては人生も変わると考えます。

プロによる定期的なクリーニングをなさる事を強くお勧めします。

あなたはどの道を選びますか?

あなたはどの道を選びますか 歯の残存数

 

P.M.T.Cの実際

当院での歯周病基本治療としての歯石除去とメンテナンス例

歯石除去とメンテナンス例1

左:来院時の歯石です。歯の周り沢山の歯石が付いていますが珍しい事では ありません。

右:綺麗に歯石を除去したところです。 隠れていた歯や歯ぐきが見えてきます。この時、隙間が空いたように感じる人もおられますが、これが正常な状態です。

歯石除去とメンテナンス例

左:治療終了3ヶ月後にリコールでこられた時の状態です。比較的よく磨かれおりますが、歯と歯ぐきの間や歯と歯の間に歯石が付き初めています。

右:メンテナンス後

機械的に歯石を取りフッ素入りの研磨剤で磨きます。これがP.M.T.Cです。
このように定期的なメンテナンスでお口の中をより快適な状態に保つ事ができます。

家庭でのブラッシング(歯磨き)で磨き残しができるのは、ある程度仕方ないことです。毎日のブラッシングを丁寧にしていただき、それでも残ってしまう部分をプロの衛生士に綺麗にしてもらうのが一番合理的です。

プロフェッショナルなクリーニングが、3ヶ月に一度である理由

歯垢は、付着したごく初期には、好気的な球菌などの細菌が主に付着しており、その毒性も低いと言われています。その歯垢が時間とともに厚みをまし、毒性の高い嫌気性の細菌が多く付着する事で、リポポリサッカライドなどの起炎性物質が増えて、歯垢の毒性が増します。そういった古い歯垢を除去する為には3ヶ月毎のクリーニングが最も効果的であると言われているのです。

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6773-3877 AM09:30~PM13:00 PM14:30~PM19:00

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ