歯医者のうがい水に注意!

歯科医院のうがい水や、注水に使用されている水は、案外細菌の温床になり易いのです。

歯科医が歯を削ったり洗浄したりする際に使う水に含まれる細菌数は、米国歯科医師会(ADA)が推奨する細菌数に比べて約100~2500倍になっていることが東京医科歯科大大学院の荒木考二教授らの調査で判明しており、免疫の弱い人などに影響が出る可能性も指摘されています。

デンタルチェアの治療水は、使用量が少ないため滞留水になりやすく、細菌が繁殖しやすいのです。「休み明けの朝イチのアポイントは避ける。」と言う人もあります。

バイオプロテクターは、ユニットの水ライン中に微量電流を流すことにより(出力DC20A、制限電流10mA)、細菌の繁殖が危惧されている治療水を除菌し、無菌状態を維持できる最強のツールです。

デンタルユニット水ラインの細菌汚染対策における

BioProtectorの効果について

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 包括診療歯科学誰座 総合診原歯科学分野 0荒木孝二、黒崎純正

E‘1tct80mConlrotorBaclerialContamimlLionOr DcnlalUniIWaterlineUsingDio“ProIecler

ScclionorGencraIDcndslry,DcI,arImenlofComprehcnsivcOralIleallhCare, GradualcScI-00i,TokyoMedicalandDcntalUniversily