3DSは虫歯が多い方や唾液の少ない方、歯周病で悩んでる方、ご自身のブラッシングに自信がない方、これから矯正治療を考えている方などを対象に行っていただく予防的治療法です。

3DSの治療手順はどのように行うの?

3DSは、マウスピースの中に薬剤を入れてはめることで、歯茎の中に薬剤を浸透させ、除菌の効果を得る除菌療法です。
では、3DSはどのような手順で行われるのでしょうか。今回は虫歯予防の場合の治療手順を説明します。

1.問診

まずは問診から行います。患者さん自身のお口の中の状態を知っていただくために現在のお口の中の状態や、これから虫歯や、歯周病になるリスクなどをお話しします。
また、3DSの必要性や費用などもお話しします。

2.唾液検査(細菌検査)

患者さんの唾液の中の細菌数を検査します。その結果をみて、虫歯や歯周病へのリスクを調べ、3DSが必要であるかチェックします。

3.PMTC

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、通常の歯磨きでは落とすことのできない汚れや、バイオフィルムを専門家が機械的に歯面を掃除するということです。機械的に汚れを落とすので、歯がツルツルになりプラークフリーを体感することができます。また、口臭や歯周軟組織の改善にもつながります。
よく、歯のクリーニングなどといって行ったことがある人も多いのではないでしょうか。

4.マウスピースの作成

3DSで薬剤を入れて使用する患者さん専用のマウスピースを作成します。
作成するにあたり、お口の中の歯型を採取します。
マウスピースを使用することで、唾液で薬剤が流れることなくしっかり浸透させることができます。
マウスピースは使い捨てではなく、何度も使用できます。

5.歯科医院での3DS除菌療法

マウスピースが完成したら、マウスピースの中に殺菌薬剤を入れて5分ほど装着してもらいます。薬剤は目的によってそれぞれ効果のある薬剤を使用します。※虫歯や、歯周病の細菌検査により使用する薬剤は変わってきます。

6.ホームケア

約1週間ほどお家でもホームケアを行っていただきます。
やり方は、就寝前や、夜歯を磨いた後に薬剤をマウスピースに入れ5分間装着していただくだけです。

7.医院でのPMTC・3DS

約1週間後に再度歯科医院へ来院していただき、PMTCで汚れを落とした後に3DSをもう一度行い、細菌を徹底的に除菌します。

8.判定

2か月後に歯科医院へ来院していただき、細菌検査を再度行います。
結果を見て効果が不十分の場合は3DSを再度行います。
結果が良好な場合も定期的に定期健診を行います。

歯周病や虫歯に負けない口腔環境をつくりましょう

歯周病や、虫歯などで悩まれている方は多くいると思います。
鏡でお口を見ても細菌を確認することはできませんが、お口の中に多くの細菌がいると思うと気持ち悪い照すよね。
お口の中を除菌するためにも3DSに興味がある方は歯科医院へ相談してみてはいかがでしょうか。